株式会社トクサス 電話番号・FAX番号 お問い合わせ

ナローマルチビーム深浅測量の実施例
line
 この度当社では、太古の日本に生息していた ナウマンゾウ の化石が発掘されたことで知られる 野尻湖において、
ナローマルチビーム深浅測量を実施しました。
 野尻湖は長野県北部にある湖で、長野県内では諏訪湖に次いで2番目の大きさがあります。その水は発電や農業用水
として用いられており観光も盛んです。
ナローマルチビームを用いた深浅測量では従来の方法と比べ、より広い範囲を少ない時間でより正確に測量を行えます。
野尻湖断彩図
左図は、測量結果を元に解析を行い、図として表したものです。


[湖沼図]
・湖内に等深線を描いた図。
[段彩図]
・等深線間に着色を行った図。
[断面図]
・東西、南北方向のある断面をそれぞれグラフ化したもの。
[貯水量及び湖面積]
・解析によって得られた貯水量と面積。

図をクリックすると新しいタブを開き、拡大表示を行います。

左の動画は、段彩図データと地形図(Google Earth)を組み合わせ作成したものです。

クリックすると再生を開始します。